あさぎり特許商標事務所の思い

━━━知財は事業の活力
bind_free019.jpg



技術的アイディアやノウハウ、ブランド、商品デザイン、著作物などは、不動産や動産のようには具体的な形としては目に見えませんが、事業に欠かすことのできない財産です。
特に、特許権・商標権等の産業財産権、著作権等のコンテンツに関する権利は、一定期間、法的に国家が保護してくれる財産権といえます。
近年、この知的財産権の保護や利用の重要性がますます注目されていますが、事業にとって本当に必要な権利を確保し、それを守りつつ利用することは、実はとても難しい問題です。
今、そして将来、あなたの事業に必要な、そして守っておきたい知的財産権とは何でしょうか?
そのような疑問やご要望から、あさぎり特許商標事務所はお手伝いします。

━━━事業の地力を今こそ
bind_40.jpg






20年近い不況を経て、アベノミクスによって一部に好況の兆しがようやく見え始めた昨今、
我が国は本格的なデフレ脱却に向けて力強く前進するときを迎えています。
資源力の乏しさをものともせず、幾度もの危機を技術革新によって乗り越えてきた日本は、
これから本格的に、ものづくりを支える知識知恵と勤勉な労働力こそを経営資源とするべき時代に向かいます。
ブランディングによる商品やサービスの付加価値の創造も、事業においては極めて大きな要素となっており、
地場産業の活性化や、地域のキャラクターの活用もますます進んでいます。
今こそ、そしてこの日本でこそ、発明やブランドといった「知的財産」をしっかりと蓄えて、次のステップに踏み出す準備が必要です。すなわち、新しく有益な技術を涵養し、将来のための無形財産、すなわち特許権や商標権を始めとする知的財産権を確保して、事業の地力をつける時期ではないでしょうか。
あさぎり特許商標事務所では、クライアントの皆様にとって真に有益な知的財産を大切に考え、有用な権利の創造・保護・利用のお役に立ちたいと考えています。

━━━ワンストップサービス
bind_57.jpg




















特許のご相談をお聞きしていると、実はブランド(商標)についてもお考えになっていた・・・
著作権のご相談をお聞きしていると、実は意匠権(デザイン)で保護される案件だった・・・
そんなケースがよくあります。
「こういったことを考えているが、そもそも、何について相談すればいいかよくわからない」
「特許も商標もどちらも一度に相談したい」
「ブランドネームを決めたんだけど、どうも他社が権利を持ってるみたいで・・・」
「キャラクターの商標権を取って地域活性のための活用を進めたい。著作権も相談できたら」
そんなケースはありませんか?
あさぎり特許商標事務所は小規模ですが、小規模だからこそ対応できることがあります。
弊所では、事業化のアイディア段階からのご相談を大切にしています。
そして、一分野に限定されることなく知的財産の全般に関わるご相談から、あなたの事業に真に必要な方策を見つけ出し、権利化から侵害訴訟を含む権利保護・活用、海外での権利取得まで、最後までサポートいたします。